チームを代表し2017年シーズン終了につきまして、ご挨拶申し上げます。
2017年シーズンもたくさんのご声援をいただき誠にありがとうございました。
2017年シーズンのFiniesはリーグ戦3勝3敗。JXBトーナメント1回戦で王者富士通フロンティアーズに敗戦。2016年シーズン同様Xリーグベスト8でシーズンを終えました。
 
強豪が犇めくリーグでのシーズンを終えて、悔しい気持ちと共に、まだまだ日本一への壁は高いとも思いましたが、それと同時に、絶対に越えられない壁ではないと確信できたシーズンとなりました。
 
また、2017年シーズンはチームのPR活動を強化しようと、様々なことに挑戦して参りましたが、運営Staffにも恵まれ、その活動が少しずつ実り、京セラドーム開催となりました開幕戦ではリーグ戦最多集客数をあげるなど、本当にたくさんの方々に応援いただけたシーズンとなりました。
 
2017年シーズンの悔しさ、応援いただいている皆様の想いを胸に、我々の2018年シーズンへの挑戦はもうすでに始まっております。
 
更に同士を募り、来シーズンこそは必ず“神戸から日本一”を実現しますので、2018年のFiniesにも変わらぬご声援をいただきますよう心よりお願い申し上げます。
 
また、この場をお借りしまして、応援して下さった皆様、チームに関わる全ての皆様に厚くお礼申し上げます。
 
誠にありがとうございました。
 
ヘッドコーチ 狩野 良太
 
 

2017年シーズンもファイニーズへの変わらぬご声援ありがとうございました。
2017年シーズンはJXBへと進出された富士通さん、IBMさんと戦うことができました。
 
IBMさんとの試合前は3週間の準備期間があり、チーム一同必死に取り組みました。しかし、準備期間が一週間のIBMさんにタイブレークまでいくも勝ちきることはできませんでした。富士通さんには7-34とオフェンス、ディフェンス、キッキングともに向こうに圧倒されてしまう結果となりました。
 
まだまだ我々は弱く、上位チームとの間には差があるということを突きつけられました。2017年シーズンは終わりましたが、すでに来シーズンへの取り組みはスタートしております。
 
選手一同この結果を受け止め、来期に向けて1日1日歩みを進めてまいります。
2018年エレコム神戸ファイニーズにも変わらぬ御声援をよろしくお願いします。
 
応援ありがとうございました。
 
#93 DL 池田 真治

副将の香山です。
 
2017年シーズンも沢山の応援本当にありがとうございました。
 
2017年シーズンを振り返ると2016年シーズンよりもチームとしても個人としても手応えを感じていましたが、結果、2016年シーズンと同じとなってしまいました。ベスト4の壁は改めて高いと感じたシーズンでした。
 
しかしながら、我々ファイニーズまだまだ発展途上です。2018年シーズンこそはとチーム全員意気込んでおります。
 
強い信念を持ち続けファイニーズは日本一に向けまた走り出します。そして必ず最高の結果を出すことを誓います。
 
最後になりますが、本当にいつも応援ありがとございます。今後とも熱い熱いご声援の程よろしくお願い致します。
 
#4 LB 香山 裕俊

ファンの皆様、2017年バイスキャプテンを務めさせていただきました、南本です。
 
2017年シーズンは沢山の応援を頂き、誠に有難うございました。皆様の声援にお答えすることができた結果は残せませんでしたが、応援に背中を押された場面は何度もありました。
 
ただ2017年シーズンはいいゲームが出来た試合もありましたが、結果は2016年シーズンと同じ、それだけでした。我々はまだまだ弱い、成長途中のチームでしかありません。誰も完成していない、謙虚で前向きに、貪欲になる必要があります。そのためにもファンの皆様にケツを叩いて頂きたい!そのような形でチームとファンの皆様が一つになれればと思います。今後ともファイニーズを何卒宜しくお願い申し上げます!
 
#80 WR 南本 剛志